本研究科は、国内では初めて医学と獣医学が連携?融合して設置された大学院です。これまでの医学と獣医学それぞれで培われてきた教育?研究実績を踏まえて、それらを連携?融合することにより、今までは得られなかった両分野における知識、研究能力を身につけることができます。また、グローバル時代の課題である食料問題や新興?再興感染症対策を始めとする医学?獣医学にまたがる諸課題を解決できる人材を養成することも目的としています。
  このような教育?研究を通して、本研究科が立地する畜産基地からの要請に応えるとともに、人類の健康と福祉の向上に貢献します。